円滑な営業を約束するのがラウンダー│ビジネスチャンスを逃さない

様々な能力を必要とする

メンズ

営業の中で重要視

ラウンダーとは、営業の中でも既存顧客を回り、自社製品の販売状況や他社製品との違いなどを調査して報告したり、販売店への企画を実践したりする仕事です。サポートすることが仕事であり、収益拡大へのキーを握っている役割とも言えます。営業職の中に含まれている会社もありますが、ラウンダーとの位置づけで独立させている会社もあります。このラウンダーを最近では重要視しています。その理由は、新規営業による獲得件数が伸び悩む今、既存顧客を大事にする必要があるためです。コミュニケーション能力や、企画力、提案力などが求められます。分析力や、察知能力も必要になります。営業経験などの人がベストなのですが、他の業種でもそのスキルを活かして活躍することができます。社員として雇用する方法以外に、派遣社員などを活用することもできます。しかしラウンダーは、年数を重ねてその信頼度を得ていくことが大事です。一日で成果が出る職種ではないのです。そのため、派遣社員でも長期で契約することができる人が求められています。自社の商品にも精通していることが求められます。新規営業であれば、企画や開発部門の人を同行させて交渉を行う事も良くありますが、ラウンダーは即答することが求められることが多く、よほどのことがない限り、社内調整のために持ち帰ることはありません。そのため、業務知識は、社内でも長けていることが必要になります。ラウンダーは、オールラウンダーの仕事なのです。